硬さは下の図のように一般的に分類されています。しなりはそのシャフトの
しなる部分によって、元調子、中調子、先調子に、また、ねじれはトルクと
呼ばれます。
硬さ:硬いと弾道が低くなり打った時のフィーリングはシャフトのしなりを
感じなにくいため悪くなります。柔らかい場合はその反対です。
しなり:先調子の場合は打った時の手ごたえを強く感じるようになります。
元調子の場合はそれが弱くなります。
ねじれ:トルクが低いほうがボールの方向性はよくなりますが、フィーリン
グとしての手ごたえは弱くなります。トルクが高い場合はその反対です。
これらの特性をもとに、ご自身の打ち方と比較し
ベストなシャフトを選ばれることをお勧めします。
(もちろん長さや重さも関係してきますが)
例えば、ヘッドスピードが早く力のあるハードヒッ
ターの方には、硬め・元調子・低トルクというシャフ
トが合うかもしれません。その反対にヘッドスピー
ドは遅くシャフトのしなりで飛ばすような方ですと、
柔らかめ・先/中調子・高トルクというタイプのシャ
フトのほうがフィーリング的にも良く、振りやすく
なると思われます。
一般的に"長ければ(長尺)飛ぶ"というふうに言われています。ただし、これ
は芯に当たった場合に限ります。単純に長さを伸ばしただけでは、クラブが
重く感じたり、振りぬきにくくなったり、と弊害が生まれます。重量、バラ
ンス等も考えて最適なものを選びましょう。
交換しなくても今お使いのシャフトの長さを長く(または短く)することもあ
る程度は調整可能です。
ドライバーなど飛距離をだしたいクラブには軽量のものを使うと長尺化が可能
になり飛距離を伸ばすことになるでしょう。
アイアンなど飛距離よりも正確性を求める場合にはある程度の重さがないとス
イングがばらつきコントロールができなくなることもあります。
ひとことで、スチールシャフト、カーボンシャフトと言っても軽いスチール、
カーボンでもスチールに近いフィーリングのもの、などなどそれぞれたくさ
んの種類があります。
イー・ゴルフ有賀園オンラインへ