2013-11/17 古典研究 「難経の脈論」 鈴木一馬

 

☆難経の「脈」という考え方には、どの様なテーマ性(世界観・哲学)が背景にあるのか?

脈論とされている難の範囲の中で、<一難〜十三難>を基本的な世界観を表現している部分と仮定して、

これらを3つの視点(一・二・三)に大きく分けて考えていきたいと思います。

 

1:<一・二・三>の視点について

 

「一」:天・道、気(万物を生み出す根源の働き、万物の根源要素)

    万物一体、絶対的、無限、全体、不変、遍在

境界線が無い、区別・差別が無い

 

「二」:地・陰陽(個別具体的な働き、気の振る舞い方)

    陰陽分離、相対的、有限、部分、変化、偏在

境界線がある 区別・差別が生じる

 

「三」:人・五行(表現、反応)

   「一」と「二」の性質両面を兼ね備えた(一+二=三)、現象を表現する媒体・反応形体

    

※「一」と「二」の視点は性質的(前提条件の様なもの?)な意味合いが強く、「三」の視点から

現象を感知して捉えているということになる。

 

2:<一〜十三難>の区分について

※一難を総論、後の二〜十三難を「4つで一括り」に分けていき、それらを3つのグループに整理する。

 

一難    →  総論

二〜五難  → 「一」の視点

六〜九難  → 「二」の視点

十〜十三難 → 「三」の視点

 

・さらに、上記3つの視点それぞれを階層構造にして、「全体→部分」という流れで内容を把握していく。

 

3:階層構造について

・3つの階層構造

 第1階層:一番大きなテーマ(4つで一つの括りでみる)

 第2階層:テーマの中の要素(2つで一つの括りでみる → 法則と具象)

 第3階層:要素の中身、内容(1つ1つ個別にみる → 各難の内容)

 

「一」 の視点(二〜五難)

視点

階層

範囲指定

「一」

1

二難   三難   四難   五難

(気)

2

二難  三難

(法則)

四難   五難

(具象)

3

二難

三難

四難

五難

 

「二」 の視点(六〜九難)

視点

階層

範囲指定

「二」

1

六難   七難   八難   九難

(陰陽)

2

六難  七難

(法則)

八難   九難

(具象)

3

六難

七難

八難

九難

 

「三」 の視点(十〜十三難)

視点

階層

範囲指定

 

 

「三」

 

 

1

十難   十一難   十二難   十三難

(五行)

2

十難  十一難

(法則)

十二難   十三難

(具象)

3

十難

十一難

十二難

十三難